キャッシングをしたときに金利を抑える方法

日頃の生活の中でついついお金が不足してしまった時には、銀行や消費者金融のキャッシングを利用すると便利に不足金を補えることでしょう。そもそもこのキャッシングとは店舗や電話、そしてインターネットを通じて申し込みが行えて、そこで記載した氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの諸情報を金融会社の担当者が精査。さらに身分証や収入証明書で記載内容の確認を行うと共に、信用機関への問い合わせを通じて過去の借り入れ内容に問題がなかったかをチェックされます。これで何も問題がなければ晴れてキャッシングが許可され、希望融資額を預金口座に振り込んでもらえることとなります。

ただし、キャッシングはもちろん借金ですから、借りた期間分の利子が上積みされて徴収されることとなります。となると、返済期間が短ければ短いほど利息金の支払は減るので、この点を考えてももしもお金が手元にあるのであればできるだけ早急に返済してしまうに越したことはありません。そのための方法として一括返済というものがあります。

一括返済とはその名の通り、これまでの借金を一度にすべて返済してしまうという方法です。たとえばボーナスなどでまとまったお金が入ってきた時にはこの手法で返済するのがうまいやり方と言えます。ただし、この返済方法は各金融会社によって異なりますので注意が必要です。また利息の計算方法として日割り計算でかなり細かな額となることが予想されますので、まずは電話相談や店舗窓口などで一括返済したい旨をきちんと伝え、その返済額をきちんと算出してもらってから然るべき手段で完済してしまうのがベストと言えるでしょう。